パソコン・インターネット

2014年1月31日 (金)

【LINUX】wattOS R7.5のインストール

一度電源が入らなくなって使用不可になっている連れのノートパソコンがひょんなことから大復活。このノートパソコンはXPマシンで動作も緩慢であったことから、思い切ってサポートのなくなる前にLINUXへの切り替えを敢行。

最初はLUBUNTUをインストールして何日か利用してみたものの、やはり10年近くのノートパソコンには荷が重すぎたようで、YOUTUBE視聴しているさなかにずーとHDランプが点灯して動かなくなる事態が頻発。
更なる軽量なLINUXを求めて、今般、wattOSを導入したもの。
wattOS R7.5は、Ubuntu 13.04をベースとした軽量Linuxディストリビューションの一つ。名前は省電力を目指したところから着ているらしい。wattOS R7.5にはデスクトップ環境が3種類があるが、ここは迷うことなく、最軽量のmicrowattを選ぶ。
ライブCDの部屋からMicrowattのCDイメージをダウンロードしたが、なんとわずか481M。
インストール後、早速WIFIの接続確認。これは自動で認識していたので、特段の問題なし。
しかし、音が出ない・・・。すわ問題発生かと思いきや、alsamixerで確認してみると、MasterとPCMチャンネルの両方の下にMMとなっていた。これは、ミュートになっていることで、この状態では音は当然出ない。
チャンネルのミュートを解除すると、ちゃんと音が出た! 成功!

ちなみに、wattOSのデフォルトの端末エミュレータであるEtermでは2バイト文字の表示ができず日本語は文字化けしてしまう。そこでLXtermに切り替えて上記の作業は実施した。

microwattのデフォルトブラウザはmidoriだが、自分にはしっくりこなかったので、Chromiumに切り替え。メーラーはSylpheed を導入。ウイルス対策ソフトとしては、お守り代わりにClamTKを。

使用感:最初は癖があるが、慣れると軽快な動作かつ安定感は抜群。一度お釈迦になりかけた年代物のノートパソコンとは思えないほど。 我が家のメインPCであるデスクトップVISTAより、全然ストレスなく利用できる感じだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月27日 (土)

ココログをfacebookと連携させたいが、エラー!

ブログが一世を風靡した時期に、自分も負けじと、このブログ(ココログ)を作成したわけであるが、最近では、Twitterや facebookのほうが話題になることも多いし、更新が楽なので、ここはほぼ完全に放置状態であったわけだが、このブログを facebookに連携させることができると聞いて、早速チャレンジしてみた。

要は、自分のブログにアップした内容が、そっくりそのまま、facebookの「私が書いたノート」に反映されるものらしい。これがうまくいけば、再度、ブログでの記事作成にもやる気を感じるかも知れない・・・。

やり方はサイト上の情報を参考にした。

まずは、facebook にログインする。

画面上にある「検索」の「ノート」を入力し、「ノート/アプリケーション」を選択すると、「ノート」画面が表示される。

画面左列にある「私のノート」を選ぶと、「私が書いたノート」が表示されるから、「インポート設定を編集」を選択、
「ブログをインポート」画面が表示される

「ウェブアドレス(URL):」欄にブログのURLを入れると、自動的にインポートされるはず、なのだが、
【インポートできませんでした 入力されたURLではフィードを見つけることができませんでした】のエラーメッセージが出て、不可。

入力するURLは、 RSSフィードでないといけないのは知っているが、何故?
http://hitomaru.way-nifty.com/hitomaru/atom.xml
http://hitomaru.way-nifty.com/hitomaru/index.rdf
http://hitomaru.way-nifty.com/hitomaru/rss.xml
と、Atom、RSS1.0、RSS2.0と全部試してみたが、全部同じエラーメッセージで受け付けられない。

facebookのヘルプに書いてある通りに、検証ツールを使ってみても、RSS自体は正常に作動しているから、ココログ側の問題ではないみたいだしな。

意味がわからん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

【Office】OpenOffice.orgを導入。

ウチの職場は基本的に全事業所が専用LANみたいなネットワークで繋がっている。
だから、原則として外部との電子メールとのやり取りもできないし、インターネットにも接続できないという、情報化の現在からはあり得ない状況にあったりする。
そこで情報収集用に別途インターネット(プロバイダ契約)接続用のPCがあるのだが、このPCが5年以上前の購入したモノで相当ガタがきている。
ウィルス対策ソフトがインストールされているのだが、ハードディスクの容量が足らないとの理由により定義ファイルが更新されないとか、ハードディスクの空きを増やそうとして不要なファイルを削除していたらいつの間にかインストールされていたMS Officeの動作が不安定になってしまうとかで、思い切り業務の非効率化に貢献する始末・・・・。

MS Officeを起動すると「インストール用のCD-ROMを挿入しろ」とのメッセージが際限なく出続けるのだが、多分MS Officeがプレインストールされた状態でPCを購入しているらしく、そんなCD-ROMとか見つかるわけもない。

仕方ないので、MS-Officeを完全アンインストールして、フリー(無料)のオフィスソフトであるOpenOffice.orgを導入。OpenOffice.orgは、ワープロ、表計算といった日常業務で利用する機能が備わっており、MS Officeとも互換性がある。
我も以前、自宅で利用していたPC(SUSE LINUX)でOpenOffice.orgを利用していたけど、プレゼンテーション、データベースなどの機能まで利用できるから、本当に便利だな。

職場のPCもOpenOffice.orgに変更してからは、ハードディスクにも相当の余裕が生じたのか、ウィルス対策ソフトの定義ファイルの更新もちゃんと行われるようになって、一安心。
WindowsUpdateも頻繁に行われるようになった気もする。(v^ー゜)ヤッタネ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

【Yes!】ブラウザを変えてみた【We Can】 

以前にSuse Linuxを利用してきたときには既存ブラウザとしてFirefox をを使っていたが、その後にPCを買い替えてからは惰性のままにIEを日常的に使っていたので、Firefoxのアドオンにどんなものがあるのか知らないが、このネタに参加してみる。

さて、オバマ米国新大統領が就任してからというもの、マスコミをはじめあちらこちらで「Change!」と騒がしい今日この頃であるが、我もプチ変革を遂げようとブラウザをIEからSafariにチェンジ!してみたぞ。

SafariはApple公認のブラウザであり、Macユーザーではスタンダードな存在らしく、確かにインターフェースとかMacっぽくて、モサイ感じのIEとは一線を画している。それも何といってもサクサク快適である。
Apple曰く、ブラウザの中で最速のSafariは、Firefox 2の最大3倍、Internet Explorer 7の最大2倍、Opera 9の最大5.5倍のスピードでページを読み込めるとのことであるが、ストレスを感じることなく利用できるのがgood

一部では表示が壊れるなど、対応していないサイトがあるけど(このココログでもリッチテキストモードに対応していないようである)、日常的にネットサーフィンをするぶんには気にならないし、必要な時にはIEを起動すればいいだけの話(遅くて(#゚Д゚)y-~~イライラ)。




コネタマ参加中: Firefoxのアドオンでオススメは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月29日 (土)

【さようなら】ネスケの開発とサポートが終了へ

ネットスケープの公式ブログ「Netscape Blog」によれば、ネスケの開発とサポートが2008年2月1日を以て終了することになったらしい。

ネスケと言えば、まともなブラウザが少なかったインターネットの黎明期にVer1.0がリリースされ、一時は9割近いシェアを誇っていたが、結局はマイクロソフトのInternet Explorerとの激しいブラウザ競争に敗れ次第にシェアは低下、遂にご臨終となったわけだ。
一時とは言え、ネスケを利用していた我としては少し寂しい気もするが、殆どのネスケユーザーは既にFirefoxに乗り換えているだろうから、それほど影響は大きくないかも。
実際、Netscape Navigator開発チームは、Firefoxへの乗り換えを推奨しているし、アドオンでネスケのテーマと拡張機能も利用できるらしいな。
ただ、Firefoxはネットバンキングとか未対応なとこも存在するから、IEみたく誰でも自由に利用できるというわけにはいかないのが難点であるがな。

これでインターネットの一つの歴史が終わったと言えるのかも知れないけど、ネスケなくなったからと言って、IEの有料化という事態にならないよな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月23日 (土)

【?】HOTMAILにログイン出来ない【謎】

2日前から突如としてHOTMAILにログイン出来なくなった。
メールチェックをしようとしてHOTMAILサイトに接続すると、「メール アドレスまたはパスワードが間違っています」との警告が出てくるが、我は自動入力にしていたはずで前日まで使えていたのだから入力ミスはあり得ない。
【おかしい】
パスワードを再設定するために、本人認証手続きを経て【本人のHOTMAIL】アドレス宛てに
パスワードの再設定メールを送信することになるが!
メールが読むためにはまずログインする必要があるのに、そのログインに必要なパスワードを再設定するためのメールを受信出来ないという、【鶏と卵のどっちが先か】的な堂々巡りはないだろ。コラ。

この際だから、G-mailに完全移行しようかと。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年5月19日 (土)

【セカンドライフ】で政治テロ

セカンドライフと言っても、団塊の世代の「退職後」ではない。
Second Lifeは数百万人の登録ユーザーと独自の経済活動を持ち、アメリカなどを中心の企業や政党、マスメディアが参加している、オンライン上の仮想世界。

Second Life内にも支局を有するロイターが伝えたところに依れば、
Spanish political parties clash in Second Life(Second Life内でスペインの政治暴動)
が発生したらしい。スペインの対立する政党の支持者らが、Second Life内で互いの党事務所に爆弾を投げつけ、放火。

仮想世界と現実世界の区別が出来なかったり、境界が無くなりつつあるというのは良く聞くフレーズではあるが、この事件って何処までリアルな政治テロなんだよ。
ヴァーチャルな世界にリアリティを求めるってことは、現実の世界で起こりうる全ての事象を持ち込むってことなんだろうけど、Second Life内でイデオロギーや宗教の対立で戦争とかもあり得ない話ではないのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【あだ名】が減って【ハンドル】が増えているらしい

【あだ名】は人からつけられるものであり、【ハンドルネーム】はネット上で自ら名乗るものであって、決して同列ではないと思うのだが。

現代「あだ名」事情 「太陽にほえろ!」式は衰退

【あだ名】は身体的特徴からつけられることも多く、いじめの原因にもなる可能性があるから、最近では教育現場でストップがかかる傾向もあるらしいが、【あだ名】は周囲の人間関係から自然的に付けられるもので、あだ名を強制的に排除するのは難しいだろう。
【あだ名】は人間関係の中から生まれるものである以上、一定の社会性があるだろうし、そもそも関心もない人間に対しては【あだ名】なんて付けないし、【あだ名】で呼ぶこともないだろう。
それに対して【ハンドルネーム】というのは自ら名乗るものであるが、従来は一定のIDで管理されていたネット上の自分を表現するために生まれたものであり、匿名性を与えながら自分なりのイメージを投影したものを名乗ることでコミュニケーションを円滑するに行うためのツール(特にパソコン通信黎明期)だったのだから、そのふたつを並列して議論するのはちょっと的外れの気もするが。

流石に最近は【あだ名】で呼ばれることは殆どないが、一方でリアルな世界において、【ハンドルネーム】にて呼ばれると相当に恥ずかしい。
自分から名乗ることは勿論、呼ばれて「そうです!」と嬉々として答えるなんて、あり得ない!
あくまで【ハンドルネーム】はネット上の別名なわけであって、実社会でそれも仲間以外の人間が存在する場所での【ハンドルネーム】の利用はその役割を逸脱しているのだから。

Sk_nameそれと同じように、自分の取引先の人間に「カロリー花子」とか「プラン太郎」など書かれた名刺を渡されたりしたら、即効で取引中止をお願いするか、今後出来る限りの連絡は避けたいと思うけどな。

たま〜に取引先の担当者から英文表記つきの名刺、それも欧米式の名前(マイケルとか、ジョージとか)を付けている名刺をもらうことがあるが、それは日本人の名前を覚え辛い、発音しにくい外国人向けであって、日本人同士でその欧米式の名前で呼び合うなんて、想像しただけでも噴飯ものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 8日 (月)

【何じゃ】デザイン重視?【VAIO】

Kn_ces07sonyptzen 相変わらず、ソニーのやることは理解を越えているが、今度は円形のVAIOらしい(何それ)。
機能性よりもデザイン重視のソニーらしいが、これは頂けんなぁ。丸型になっている必要性がまったく感じられない。ホットプレートや炊飯器みたいに見える家電PC路線を採用したのかも知れんが。
我が初めて買ったパソコン(MSX HB-201)は、もうちょっとセンスがよかったと思うぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

【8bit】懐かしPCで作動するTRON?【16bit】

T-Engineフォーラムが、8bitや16bitの小規模CPUを対象としたリアルタイムOS“μT-Kernelの開発に成功したと発表した、らしい。
これって、往年のパソコンでもTRONが利用できるようになるってこと?
我が中学時代に初めて購入したメモリが8KBしか搭載されていなかったPV-7(MSX)でも作動するとしたら、かなり凄いが、無理だろう。

懐かしのパソコンと言えば、YouTubeで見る日本のパソコンCM史なる面白サイトを発見したので報告しておこう。どのCMも80年代の雰囲気に溢れていて「ほのぼの〜」と癒される訳である。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧