ゲーム

2006年2月20日 (月)

PS3は遅刻?(FT)

英Financila Timesが報じたところによると、ソニーの次世代ゲーム機「プレイステーション3(PS3)」の発売が来年以降に延期になる可能性があるらしい。
2月20日時点のロイター報道では「 2006年春発売を目指す。ただし、PS3に搭載する機能の一部に関して最終的に規格が決まっていないため、その決定が遅れると、発売時期が後ろにずれ込む可能性がある。」となっていたから、結局規格がまとまらなかったということだろうか。
FT紙が引用したメリルリンチのアナリストのコメントに拠れば、PS3の初期の製造コストが1台当たり900ドルになる可能性がある」とのこと。た、高いー(*^*
こんなんじゃ誰も買わないよ!と思っていたら、コメントの続きがあって
The implications are that Sony could have to decide to make a substantial loss on the PS3 through subsidies or risk low sales at the higher price and hand the advantage to Microsoft  first to market with its Xbox 360 next-generation console.
→問題はソニーがPS3の価格設定を低く抑えて損失を出すことを覚悟するか、それとも高いままで売り出してゲーム市場をマイクロソフトのXbox360に奪われるのを見過ごすかである。
となっているから、ソニーがここでどう判断するかでPS3の今後の行方が決まるということ?

我もPS2持っているが、PS3出ても買うかどうか疑問だなぁ。
値段次第では買う可能性が無いこともないけど、10万円を超えるだったらまずパス(家の者に叱られそうだ)。かといってXbox360にも心惹かれない(何故だろう?MS嫌い?)。
任天堂のレボリューションは、あんまり期待せずに買ったニンテンドーDSの件もあるし、昔はファミコンユーザーだった我として、実はダークホースになるのでは睨んでいる。
ファミコン→スーファミ→PS→PS2と変遷してきたゲーム機の覇権は移動するか?それともPS3に引き継がれるのか、結構ビジネスモノととして関心あるし、折角だからどんどん競争してもらい、激しいシェア争いなどを期待。
でも、ここらで一発、セガとかATARIが革新的なゲーム機を発売して市場を席巻したら、面白いかも。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月 9日 (月)

ニンテンドーDS

どこに行っても品切れのニンテンドーDSだが、今日新宿の家電量販店でも「次回入荷未定」となっていた。10月にさっさとDSを購入していた我は「勝ち組」? 

ゲームボーイミクロにするか、DSにするか、PSPにするか、相当悩んだけど、あんまりゲームをしない連れの意見を参考にしてDSを購入したが、正解だったな(^^

でもって、本日は「もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング」を購入してきたぞ。前作は大分やりこんで、ちょっと飽きてきていたからな・・・。あの松嶋奈々子のCM「53歳かよ!?(ハァ?)」は、見ていて気分が悪いけど、それとは関係ないけんね。

プレミアムつきすぎ。思いっきりワロタqDS  【価格.com】.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 5日 (木)

拡大する中国のオンラインゲーム市場

2004年の中国[1]のオンラインゲームの市場規模は前年比53%増の39.1億人民元(472.4百万ドル)、ユーザー数も同53%増の1,976万人となり、日本[2]における市場規模57894百万円(535.1百万ドル)及びユーザー数1,942万人とほぼ並んでいる。市場規模で先を行く韓国[3]1186億ウォン(889.4百万ドル))との差も縮まりつつある。2007年には、中国のオンライン市場規模は88.9億人民元(1,074.1百万ドル)、ユーザー数も3,731百万人に達すると見られており、近い将来、中国が世界最大のオンラインゲーム市場になることが予想される。

chinagame

中国のオンラインゲーム市場は、当初より韓国のゲームが9割を占めるなど、海外で開発されたコンテンツが主流となっている。2004年の市場シェアも韓国のゲームが50%程度、中国のゲームが20%程度とみられる。このため、中国政府は自国のオンラインゲーム産業の発展の為、中国民族の古典や文化をメインとした国産オンラインゲームを「中国民族ゲーム」と認定する「中国民族オンラインゲーム出版工程プロジェクト」などの政策を打ち出している。しかし、満州やチベットなどが独立国として登場するゲーム「Hearts of Iron」を販売禁止としたり、日中戦争をテーマとしたゲーム「抗日オンライン」を開発したりするなど、オンラインゲームを通じて愛国・民族主義を煽ろうとする中国政府の思惑も見え隠れする。


[1] 中国iSearch Inc.[2] オンラインフォーラム「オンライン市場統計調査報告書 2005[3] 韓国文化観光部「2005 韓国ゲーム白書」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月15日 (木)

Xbox360

リンク: @nifty:NEWS@nifty:Xbox360は「暗過ぎる」=仏ゲームソフト会社が不満(時事通信).

まあ、やはりというべきか、マイクロソフト社のXbox360の販売が不調らしいな。我としてもまったく欲しいとは思わないし、第一今手元にあるPS2やニンテンドーDSすら殆ど利用しない(週末の深夜だけ)状態で買おうとするほうが、カネの無駄だという自覚もあるが。
そもそも、なんでマイクロソフトはゲーム機なんかに手を出したのかが理解できない。80年代にはアメリカのゲーム機ってそれなりのものがあったと思うし(ゲームのレベルとかじゃなくて、なんというか”雰囲気”)、カッコイイので欲しいと思ったこともあった(その時分は子供だったので当然入手できず) 友達と雑誌を眺めながら「いいなぁ〜」と見ていただけであった。でも、Xboxってなんか、いかにも日本のゲーム機を妥当する為だけに開発しましたっていうメッセージが感じられて、それが我は駄目だなぁ。
そもそも、ゲーム機にあんなに機能要るか?PS2でも十分すぎるような気がするぞ。画面がよくなってリアル・臨場感が出るは嬉しいが、昔のゲームより面白くなくなってきているのは何でだろう?画面とか音とかそういうことよりももっと「単純だけど、なんか病みつきになる」というゲームはもう出てこないのかな・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)