ウェブログ・ココログ関連

2006年3月30日 (木)

【改善?】バージョンアップでシステム不安度が増す【改悪!】

ココログ(このニフティのブログ)のトラブル発生頻度の高さにはウンザリ。
30日の朝からブログの表示に異変が!殆ど全ての記事が左側の項目欄に表示されてしまうという、何じゃそりゃ的な事件発生。
原因は先日来より実施しているというバージョンアップらしいが、これまでもメンテナンスやバージョンアップに伴うシステム負荷の増大でブログの投稿が出来ないとか、コメントがつけられないとか、TBが送れないとか、事ある毎にトラブルが発生しているだけに、「またか!」というしかない。

ニフティ側の一方的な説明によれば、
【現在表示が崩れている場合は、お手数ではございますが、 ココログの記事投稿時やデザインテンプレート反映時に 「すべてのファイル」を反映いただくことで、 表示の崩れが解消されます。】らしいが、
なんで、バージョンアップに伴うトラブルでユーザーに作業負担が発生するんか。マジでいい加減にしてほしい。まともなサービスが運営できないんなら、はじめからブログなんて提供しなければいい。

3月末にはパソコン通信のサービスも最終的に打ち切られてしまうけど、パソコン通信時代のニフティはもっとユーザーオリエンテッドな運営で多くの利用者を抱えていたのに、そうした膨大なユーザー資産をうまくプロバイダー業務に引き継げずにどんどん没落していく理由のひとつに「ユーザーをバカにしたような運営」が目に余るようになったからではないのか。
我のパソ通ニフティ時代の知人もどんどんニフティを解約しているし、そろそろ潮時かも知れん。

| | コメント (1) | トラックバック (0)