« 【HT03A】Android 1.6(Donut)からAndroid 2.2(Froyo)へ | トップページ | 【HT-03A】から【REGZA Phone T-01C】へ、今更乗換。 »

2011年4月27日 (水)

【HT03A】カスタムROMのフォント変更

初代アンドロイド機でありながら、ドコモに「なかったことにされた」HT03AにカスタムROMのCyanogenMod 6 1.1.0-DSを導入してから数日経過したわけであるが、思った以上にバッテリの消費も激しくなく、これだったら常用可能ではないかと。

ただ、利用していて気になったのが、いわゆる中華系のフォント。カスタムROMに同梱されているファイルは日本語に最適化されておらず、日中韓共有のファイルらしいと知って驚愕。
我は一応第2外国語が中国語だったし、大陸漢字(簡体字)も台湾漢字(繁体字)、更には韓国漢字もそれなりに読めるつもりであるが、やっぱり日本語であの中華漢字フォントが存在するのは違和感を感じたわけである。

で、フォントの変更なわけであるが、これも簡単に出来てしまうのだな・・・・。

手順は、まずマーケットとかで「ESファイルエクスプローラー」なるアプリを導入。
このアプリ、いわゆるファイルマネージャなわけだが、cyanogenMODのカスタムROM利用者だけが使える「Rootオプション」があって、これを利用すればフォントの変更に楽々なのだ。
フォントのttfファイルを見つけてきて(これはフリーのフォントがたくさん出回っているのでネットで簡単に見つかるはず)、そのファイルを 「DroidSansJapanese.ttf」 にリネームしてSDカードに置いていく。
ESファイルエクスプローラーを起動してから、「設定」から「Rootオプション」からファイルシステムをマウント出来るようにする。
それから、SDカードにあるフォントファイルを、「system/fonts」にコピーするだけ。

ただ問題は、フォントファイルが大きいとコピーに失敗してしまう可能性が高く、その場合には日本語が全く表示されない恐れがあるので気をつけよう。
まあ、その場合でも再起動すれば問題なく、例の中華系フォントであまり美しくない日本語は表示されるから大丈夫だ。

で、自分が最終的に導入したフォントは、こちらからダウンロードした「M_1M_IPAG_nokia.zip」に入っていた「M+M+IPAG-nokia.ttf」というフォント。

なかなか見やすいフォントでお気に入り。
これで、中華系フォントとはおさらば。

|

« 【HT03A】Android 1.6(Donut)からAndroid 2.2(Froyo)へ | トップページ | 【HT-03A】から【REGZA Phone T-01C】へ、今更乗換。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151574/51511394

この記事へのトラックバック一覧です: 【HT03A】カスタムROMのフォント変更:

« 【HT03A】Android 1.6(Donut)からAndroid 2.2(Froyo)へ | トップページ | 【HT-03A】から【REGZA Phone T-01C】へ、今更乗換。 »