« 【金融】鳩山&亀井大不況の足音 | トップページ | 【裏道】調布→世田谷【てくてく】 »

2009年11月21日 (土)

【紅葉狩り】高尾山→陣馬山ハイキング

今年最後の3連休の初日、会社の先輩と一緒に紅葉狩りに行ってきた。
早朝6時30分に自宅を出発して、9時前には高尾山を登り始めて、小仏城山、景信山、陣馬山~陣馬高原下 までの距離にして約19.5km 時間:6時間弱のハイキングコース。
               
紅葉が綺麗なこの時期、高尾山はもっと混雑していると危惧していたが、流石に朝早いと、人も少ないから本当にスイスイ登れるね~。

Dscf0001
高尾山の名物、樹高37メートル、目通り約6メートル、推定樹齢450の「たこ杉」のそばに置かれた、「ひっぱりだこ」なる奇妙なオブジェ。行き交う人はみんな、球体部分をナデナデしていた。

Dscf0002

Dscf0003

Dscf0004

高尾山薬王院の境内の紅葉3連撮。程よく色づいていて、深まりゆく秋の趣を感じるなあ。

Dscf0005

高尾山頂を経て、小仏城山に向かう道すがら、一丁平のあたりで見えた富士山。今回初めて高尾山に登った会社の先輩も、遠くに映える富士山を見ながら、「今度は家族(現在単身赴任中)と来よう」と感激していた。

Dscf0008

小仏峠のたぬきさん。今までは小仏城山から相模湖に下るか、小仏峠から小仏バス停に下ることが殆どであったが、今回は初めて、景信山(標高727m)から陣馬山に向かう!

景信山は戦国時代に小田原北条氏の家臣であった横井監物景信という人物が城砦もしくは烽火台を構えたところと言われている場所。確かに景信山山頂からの展望は爽快そのもの。遠く眼下に広がる山並みや町の景色を見ていると、自分が「偉く」なったような錯覚にさえ陥るかも。

Dscf0010

景信山から、明王峠と奈良子峠を経て一気に陣馬山まで登りきる。思わず会社の先輩を千切ってしまった。
陣馬山は、陣馬高原と言われるだけあって、広くて平坦。眺望も素晴らしく、遠くまで見渡すことも可能。

Dscf0012

陣馬山のシンボル、白馬の像の前で記念撮影。白馬が雲ひとつない真っ青な空に首を伸ばして立っており、これまで来よう、来ようと思っていた陣馬山に来れて、記念撮影も無事完了して、感無量な我であった。


Sportypalで捕捉していたデータがこちら。本当は陣馬山から下山して陣馬高原下バス停までを記録したかったのだが、バッテリーの持ちが微妙に怪しくなってきたから、陣馬山頂までの記録で完了。

陣馬高原下バス停までの下りの道はヒドかった。下るだけだから楽だろうと甘く見ていたら、急な激坂道を一気に駆け下りる感じの道で、思わず足をくりじそうになる始末。

Dscf0015

心安らぐ小川の流れ。日本の里山はどこに行っても、のんびりしている。帰りはちょうど陣馬高原下から高尾駅に向かうバスに乗れた。1時間に1本しかないらしい。

|

« 【金融】鳩山&亀井大不況の足音 | トップページ | 【裏道】調布→世田谷【てくてく】 »

コメント

YSNが一緒したの?

投稿: BlogPetのAlden | 2009年11月23日 (月) 14時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151574/46828580

この記事へのトラックバック一覧です: 【紅葉狩り】高尾山→陣馬山ハイキング:

« 【金融】鳩山&亀井大不況の足音 | トップページ | 【裏道】調布→世田谷【てくてく】 »