« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月28日 (土)

【砂上】ドバイ金融危機【楼閣】

ドバイが実質的にデフォルト宣言したらしいな。

ドバイ政府系の投資持ち株会社ドバイ・ワールドと、その不動産子会社のナキールが資金繰りが破綻して、債務返済の一時凍結要請がおこなったということであるが、所詮はリーマンショック以前の金余りの状態で国家規模でしていたレバレッジ投資が世界的な流動性の枯渇で失敗したわけだ。

ドバイについては、人工島に建設された世界最高級の高層ホテルである「ブルジュ・アル・アラブ」や椰子の木の形の人工衛星から見える唯一の人工島群である「パーム・アイランド」などが日本のマスコミでも持て囃され、オイルマネーに依存しない開発モデルが注目を浴びてはいたけど、リーマンショック以降は資金難から建設工事が軒並み中止するなどで、砂上の楼閣が崩壊寸前と言われていただけに、やはり蜃気楼は消える運命だったのだと思わざるを得ない。

別名「バベルの塔」、世界一高いドバイタワー(ブルジュ・ドバイ)に神罰下る?

またしても不動産バブルの崩壊か・・・。
人間ってホント慾深いというか、学習能力がないというか・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

【裏道】調布→世田谷【てくてく】

3連休の最後の日、天気もいいことだし、特にやることもないしで、久しぶりに裏道散策に出かけた・・・。

はじめは、京王線に沿うように歩いていたけど、そのうち、どんどん京王線とはかけ離れた方向に歩きだしてしまう始末。
千歳烏山あたりから八幡山までは完全に迷走しているなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

【紅葉狩り】高尾山→陣馬山ハイキング

今年最後の3連休の初日、会社の先輩と一緒に紅葉狩りに行ってきた。
早朝6時30分に自宅を出発して、9時前には高尾山を登り始めて、小仏城山、景信山、陣馬山~陣馬高原下 までの距離にして約19.5km 時間:6時間弱のハイキングコース。
               
紅葉が綺麗なこの時期、高尾山はもっと混雑していると危惧していたが、流石に朝早いと、人も少ないから本当にスイスイ登れるね~。

Dscf0001
高尾山の名物、樹高37メートル、目通り約6メートル、推定樹齢450の「たこ杉」のそばに置かれた、「ひっぱりだこ」なる奇妙なオブジェ。行き交う人はみんな、球体部分をナデナデしていた。

Dscf0002

Dscf0003

Dscf0004

高尾山薬王院の境内の紅葉3連撮。程よく色づいていて、深まりゆく秋の趣を感じるなあ。

Dscf0005

高尾山頂を経て、小仏城山に向かう道すがら、一丁平のあたりで見えた富士山。今回初めて高尾山に登った会社の先輩も、遠くに映える富士山を見ながら、「今度は家族(現在単身赴任中)と来よう」と感激していた。

Dscf0008

小仏峠のたぬきさん。今までは小仏城山から相模湖に下るか、小仏峠から小仏バス停に下ることが殆どであったが、今回は初めて、景信山(標高727m)から陣馬山に向かう!

景信山は戦国時代に小田原北条氏の家臣であった横井監物景信という人物が城砦もしくは烽火台を構えたところと言われている場所。確かに景信山山頂からの展望は爽快そのもの。遠く眼下に広がる山並みや町の景色を見ていると、自分が「偉く」なったような錯覚にさえ陥るかも。

Dscf0010

景信山から、明王峠と奈良子峠を経て一気に陣馬山まで登りきる。思わず会社の先輩を千切ってしまった。
陣馬山は、陣馬高原と言われるだけあって、広くて平坦。眺望も素晴らしく、遠くまで見渡すことも可能。

Dscf0012

陣馬山のシンボル、白馬の像の前で記念撮影。白馬が雲ひとつない真っ青な空に首を伸ばして立っており、これまで来よう、来ようと思っていた陣馬山に来れて、記念撮影も無事完了して、感無量な我であった。


Sportypalで捕捉していたデータがこちら。本当は陣馬山から下山して陣馬高原下バス停までを記録したかったのだが、バッテリーの持ちが微妙に怪しくなってきたから、陣馬山頂までの記録で完了。

陣馬高原下バス停までの下りの道はヒドかった。下るだけだから楽だろうと甘く見ていたら、急な激坂道を一気に駆け下りる感じの道で、思わず足をくりじそうになる始末。

Dscf0015

心安らぐ小川の流れ。日本の里山はどこに行っても、のんびりしている。帰りはちょうど陣馬高原下から高尾駅に向かうバスに乗れた。1時間に1本しかないらしい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月20日 (金)

【金融】鳩山&亀井大不況の足音

我は最近TVを見るたびに不機嫌になる。

馬鹿なマスコミが、民主党による事業仕分けを絶賛しているからだ。
民主党が選挙期間中に出来もしないことを並びたてたバラマキ政策、つまり子供手当や高速道路無料実現などを実現する財源を捻出するために、民主党の独断で予算をカットしている。
本当に無駄な事業で有れば削減するは喜ばしいことであるが、その一方で、アジア各国には鳩山イニシアチブという鳩山政権の友愛の精神からの思い付きで巨額のバラマキをしている。
確かにおかしい。
発展途上国に資金援助をするなとは言わないが、日本の生命線でもある最先端科学技術にかかる科学・医療分野に関する最先端技術に関する予算を軒並み廃止、削減しているのに、海外には金を注ぎ放題。
スパコンの事業仕分けで、蓮舫議員の発言で「2位じゃだめなんですか?」には絶句。
1位取るためにスパコン事業をやってるわけではないだろう。世界で競争していくための技術を磨くことが目的なのに、それに科学研究なんてものは時間と資金があって成果が結びつくものだろう。
言い換えれば、遅れを取ってしまえば、キャッチアップするだけでも当初の何倍もの時間と資金が必要。戦後日本が欧米に追い付き、追い越せでどれだけ頑張ったか、馬鹿な議員は師らなすぎるんじゃないか( ゚皿゚)キーッ!!

更には金融機関に借金の返済猶予を促す「中小企業等金融円滑化法案」(モラトリアム法案)がまともな審議すらされずに強行採決されてしまった。
要は経営や資金繰りが厳しい中小企業や給料等が減って返済が難しくなった住宅ローンを抱えた個人に対して、金融機関はその返済を猶予してやれよ~(一応努力目標)という内容で、一見、問題なさそうにも見えるが過去にこのモラトリアムが発動されたのは関東大震災(1923年)と昭和金融恐慌(1927年)の時だけという、通常ではありえない措置。
その時でさえも猶予期間は2~3ヶ月と短期間であったのに、今回の猶予期間はなんと最大3年。金融機関側に悪影響が出ないと思うのが不自然だろう。
一般的に、貸出金の条件変更(金利減免とか期日延長)した企業の50%が数年以内の倒産するみたいだから、金融機関側としては自らの損失を防ぐために、返済猶予をした/返済猶予をしそうな相手には融資を行わなくなる防衛策を取らざるを得ない。ちょっとでも信用不安がある相手には絶対に貸そうとしないから、融資が受けられなくなった中小企業が相次いで倒産することも当然ありうる。
そうなると、中小企業向けの金融円滑化どころか中小企業向けの資金の流れが止まってしまうという、当初の目論見から全く逆の事態が予想されるな・・・。
月曜日には銀行株はつるべ落としかι(´Д`υ)アセアセ

民主党政権が誕生してから、日本株式の時価総額は約35兆円以上目減りしている。それだけ巨額の日本の富が失われたことになる。我の投資信託も塩漬け状態で実現損が怖くて売れに売れない。

バブル崩壊、アジア通貨危機を超える民主不況がそこまで来ているような気がするのは、杞憂だろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

【Office】OpenOffice.orgを導入。

ウチの職場は基本的に全事業所が専用LANみたいなネットワークで繋がっている。
だから、原則として外部との電子メールとのやり取りもできないし、インターネットにも接続できないという、情報化の現在からはあり得ない状況にあったりする。
そこで情報収集用に別途インターネット(プロバイダ契約)接続用のPCがあるのだが、このPCが5年以上前の購入したモノで相当ガタがきている。
ウィルス対策ソフトがインストールされているのだが、ハードディスクの容量が足らないとの理由により定義ファイルが更新されないとか、ハードディスクの空きを増やそうとして不要なファイルを削除していたらいつの間にかインストールされていたMS Officeの動作が不安定になってしまうとかで、思い切り業務の非効率化に貢献する始末・・・・。

MS Officeを起動すると「インストール用のCD-ROMを挿入しろ」とのメッセージが際限なく出続けるのだが、多分MS Officeがプレインストールされた状態でPCを購入しているらしく、そんなCD-ROMとか見つかるわけもない。

仕方ないので、MS-Officeを完全アンインストールして、フリー(無料)のオフィスソフトであるOpenOffice.orgを導入。OpenOffice.orgは、ワープロ、表計算といった日常業務で利用する機能が備わっており、MS Officeとも互換性がある。
我も以前、自宅で利用していたPC(SUSE LINUX)でOpenOffice.orgを利用していたけど、プレゼンテーション、データベースなどの機能まで利用できるから、本当に便利だな。

職場のPCもOpenOffice.orgに変更してからは、ハードディスクにも相当の余裕が生じたのか、ウィルス対策ソフトの定義ファイルの更新もちゃんと行われるようになって、一安心。
WindowsUpdateも頻繁に行われるようになった気もする。(v^ー゜)ヤッタネ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

【Back to decade ago】韓国の国勢調査(2000 11/10)

釜山の射撃場の火災事故はひどい話である。
記憶が定かではないが、我も釜山にある実弾射撃場に行ったことがあるので、あんまり他人ごとではないような気がしたし、もしかしたら行ったことがあるトコロだったのかも・・・・。
済州島でもライフル実弾射撃をしたこともあるし、結構日本人観光客(特に男性)が実弾射撃を観光でするのって、そんなにマイナーなことではないとも思うぞ。

さてさて、今から約10年前のことだけど・・・・

それは夜も更けて10時半を回った頃でした。
自分はベッドに横になってうとうとしていました。
すると、けたたましく呼び鈴を鳴らしつづける音が・・・。
「誰だ?!いったいこんな夜更けに・・・」にとちょっと不機嫌になってドアに出る用意をしているとドアの外側から「えーい」と非常識に呼び出す声が聞こえてきました。
で、ドアを開けて出ていると、そこにいるのは見るからに常識の薄そうな韓国アジョシ(おじさん)が立っていました。
「(`Д´)ong>国勢調査に来た」

おいおい、一体今何時だと思っているんだよ。こんな時間に来るか^_^;
日本の常識では考えられないと思って不機嫌そうな顔をしていると
「あんた、日本人だ!じゃ日本語の文をやるからそれを記入して」と記入用紙を渡されました。

自分はその時はメガネをしていなかったので、部屋の奥に目がねをとりに戻ると例のおっさんはしっかりと玄関から台所に上がって座っているではないですか。
何の断りもなく勝手に上がりこんできたので文句を言うと
「┐(´д`)┌ヤレヤレ だって暗いから」とな。
まあ、仕方ないと思って記入をしていて、ふと気がつくとなんとアジョシが連れてきた犬まで勝手に台所に上げているが見えました。
これにはさすがにマイって「犬を勝手につれて上がるな」と言うと
「この犬はrong>室内犬だから大丈夫」と、一体何が大丈夫なのか!
それでもなおかつ文句を言うと「全然問題ない」と言われたので
「そっちには問題無くてもこっちは大有りだ」と反論すると
「他の家ではそんなこと言われたこと無いのに、嫌な奴」と捨て台詞を吐かれた。
これには流石に参った・・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

【HT03A】自宅でWifi環境。快適。

やっぱり自宅が無線LAN環境にあるんだったら、3Gより高速かつ快適なWifiを利用しない手はないよね。

設定もコツを掴んでしまえば、かなり簡単。

HT03Aの設定は
1.メニュー→設定→ワイヤレス設定
2.Wi-FiをON
3.Wi-Fi設定に入ると利用可能なネットワークが一覧表示されるから、自宅のネットワークに接続する
4.ワイヤレス接続パスワードの入力
5.めでたく接続
なわけであるが、

そもそもワイヤレス接続パスワードがわからん!というケースもありうる。
ちなみに我の無線LAN環境(BUFFALO WHR-HP-G)の場合には、以下の方法でワイヤレス接続パスワードが確認できたぞ。

無線LANに接続しているPCから
1.http://192.168.11.1/(エアステーションのLAN側IPアドレス)に接続
2.ユーザー名に「root」と入力
3.AirStation Settingsのページが開くので、「無線設定」のタブに移動
4.WPS用無線セキュリティ設定の「暗号鍵」がワイヤレス接続パスワード

これで完了!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

【HT03A】携帯googleを使ってみて

HT03Aを購入して約1カ月経過したわけであるが、我も良く知らない間にAndroidのバージョンアップが実施されていたらしいな。
バージョンは1.5から1.6に上がったわけであるが、従来2.0(Donut)として開発されていたものらしいから、結構劇的なバージョンアップなわけである。おまけにどこぞのOSと違ってタダ。
でも、このAndroidのバージョン、我が購入した時点(1.5)はCupcakeで、今回(1.6)がDonut、次回はEclair(エクレア)らしいけど、アルファベット順なのかな。

このHT03A、購入した時点では正直な話、googleサービスを便利に利用できる携帯電話にしか過ぎないが、Androidマーケットからアプリを追加することで、自分なりにカスタマイズできるのが面白い。
アプリのなかには高機能でありながら無料なものも多くあるから、どれを使おうか正直迷ってしまうかも。

始めて手にする人はこちらなどを参照にしてみるといいと思うぞ。
そんななかでも、我がお勧めなのは、【Qik】と【SportyPal

QikはHT03Aに内蔵されているカメラで撮影した動画をインターネットでライブストリーミングするアプリ。
自分専用のページを作成して、そこに動画がそのまま保存される機能もあるので、マジで便利。
我は田舎の両親にわが子の成長をリアルタイムでお伝えするために活用している。

SportyPalはウォーキングやランニング時の走行距離や時間、カロリーなどを測定してくれるアプリ。
一回の運動を「ワークアウト」と言う単位で管理し、ワークアウトのデータ測定をするんだけど、そのデータをSportyPalのサイトで管理できのが、ミソ。
わかりやすく実例を挙げると、auの5min.WALK(ファイブミニッツ・ウォーク)みたいなものだと思うけど、わざわざ大規模なキャンペーンを張るのと同じような機能を持つアプリが簡単に利用できるのも、Androidの強みかな。

ちなみにバッテリーの持ちが悪いと散々言われているHT03Aであるが、我の場合には、自宅以外ではwifiを利用することもないし、今のところbluetooth機器もないから、両方ともoffにしているけど、それだけで相当バッテリーの持ちが改善したような気がする。
休日は流石に無理だとしても、平日は朝晩の通勤時間に電車のなかでネット接続するくらいで、それほどバッテリー消費は大きくないから、充電せずとも二日間持つもんな・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »