« 【Back to decade ago】釜山国際映画祭PIFF | トップページ | 【食欲の秋】なんちゃってキムチチゲ »

2009年10月18日 (日)

【体育の秋】高尾山から相模湖縦走再び

体育の日は先週だったが、今週は連れと息子が知人と遊びに行っていることもあり、我は独り身であることから、久しぶりに「いっちょ、山でも登ってくるか」と一念発起して高尾山ハイキングをしてきた。

いつものことならが高尾山は人が多くてビックリするが、今日は特に多かったな。京王線の高尾山口駅で男子トイレに行列ができるくらいの人、人、人で、ケーブルカー(リフト)乗り場にも人が溢れていたな。
因みに我はケーブルカーとかリフトとかは基本的に乗らない。だって、せっかく山に登りに来ているのに、なんでそんなもん乗らないといけないのか!というのが我の意見。
健康ブームを反映してか知らんが、登山をする人が増えているらしいが、高尾山程度の山に「その重装備はないでしょ」という人も他見されるのも、なんか興ざめするぞ。
この程度の山はカジュアルに上り下りしたいものだ。

さてさて、今回我が高尾山登山にあたり持参したのが、先日購入したHT-03Aとそれにインストールした「SportyPal」である。
SporttyPalって何ぞや?という人に簡単に説明すると、SportyPalはランニングやウォーキング、サイクリングと言う類の運動を「WorkOut」と言うデータで管理するもので、自分が歩いた(走った)コースをGPSで記録しながらカロリーやベースとかを測定してくれる、優れもの(詳細はこちらを参照)。

高尾山口駅を起点に山登り開始。
今回は一番メジャーな1号路を行く。あんまり山の中を歩くとGPSが捕捉できなくても困るからな。
高尾山はこれから紅葉の季節に入ることもあり、「高尾山陣馬スタンプラリー」を開催中であったので、我も観光客気分で、上る途中に設置されているスタンプ台を押して回る。

高尾山頂には約1時間で到着。ちょうど正午あたりに着いたのでお弁当を広げる人が多くて、マジで座る場所を確保するのは至難の業な状態。
しかし!
我のお弁当スポットは高尾山頂ではなく、更に先の小仏城山と決めていたので、そのまま山頂を通過して歩を進める。

小仏城山までの道は、前回来た時は道が雪解けかなんかでぬかるんでいて非常に歩きにくかったのから、格段に良くなっていて道の補修も終わっていた。。高尾山頂からは基本的に下り+上りという感じで、大きな勾配もないから、気分良く深まり行く秋の山を風情を堪能出来たぞ。
小仏城山までは小一時間ほどで無事到着。ここは高尾山より高くて見晴らしもいいはずなのであるが、今日は登山客がウジャウジャいたな。そのなかに混じって我も昼ごはん&ビール・・・・。美味しい。
秋とは言え、雲ひとつない好天、日差しも強くて汗をかいて喉も渇いていたからな。

城山からは、以前来た時の同じように相模湖方面にへ降りる。相模湖に抜ける道は整備されていて歩きやすいから、気軽に山下りを満喫できる。ところどころとんでもない下りが出現するにも面白い。
ただ、一気に駆け下りるルートだから、気をつけないと転ぶ可能性もあるし、その以前の問題として膝に相当な負担がかかっているような気がするぞ。

山のふともまで下りてくると、すっかり里山の風景で、東京近郊でも「田舎はどこでも同じだな~」と心が和む。
振り返ると、さっきまでいた城山があんなに高いところに見える。ちょっとした充実感。

最後は相模湖を回って相模湖駅へ。
大変有意義な秋の休日でした。

|

« 【Back to decade ago】釜山国際映画祭PIFF | トップページ | 【食欲の秋】なんちゃってキムチチゲ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151574/46518056

この記事へのトラックバック一覧です: 【体育の秋】高尾山から相模湖縦走再び:

« 【Back to decade ago】釜山国際映画祭PIFF | トップページ | 【食欲の秋】なんちゃってキムチチゲ »