« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月29日 (木)

FMラジオで聞くのは音楽以外になんかある?

ラジオで何を聞きたいか?というか、何を聞いているかというと、FMなら当然音楽だし、AMならパーソナリティのおしゃべりという以外にないと思うのであるが、実際どうなんであろうか。 我は、高校時代に多分にもれず、深夜放送(AM)にハマっていた口であるから、AMと言えば、「おしゃべり」というイメージが強いな。AMだと音楽が流れても、とても聞くに堪えられない音質だったからな。 最近はFMを聴くことも多いけど、我としては純粋に音楽だけ流してくれればいいのに・・・と思う時が多いぞ。無駄な会話とかは電波の無駄として思えない。 そんな我だからかもしれんが、インターネットラジオはお気に入りである。お世辞にも音質がいいとは言えないけど、無料で簡単に世界中(基本は洋楽だが)の音楽が楽しめるからな。


ブログネタ: ラジオで聞きたいのは、音楽?スポーツ中継?ニュース?楽しい話?参加数

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年10月18日 (日)

【食欲の秋】なんちゃってキムチチゲ

冷蔵庫の中に残っていた食材で作ってみた。

Dscf0007

白菜キムチ、キャベツと豚肉、餃子で、お手軽簡単、なんちゃってキムチチゲの完成。
全然関係ないことだけど、韓国語の「チゲ」には「鍋料理」の意味があるから、「チゲ鍋」とかいうのは変だと思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

【体育の秋】高尾山から相模湖縦走再び

体育の日は先週だったが、今週は連れと息子が知人と遊びに行っていることもあり、我は独り身であることから、久しぶりに「いっちょ、山でも登ってくるか」と一念発起して高尾山ハイキングをしてきた。

いつものことならが高尾山は人が多くてビックリするが、今日は特に多かったな。京王線の高尾山口駅で男子トイレに行列ができるくらいの人、人、人で、ケーブルカー(リフト)乗り場にも人が溢れていたな。
因みに我はケーブルカーとかリフトとかは基本的に乗らない。だって、せっかく山に登りに来ているのに、なんでそんなもん乗らないといけないのか!というのが我の意見。
健康ブームを反映してか知らんが、登山をする人が増えているらしいが、高尾山程度の山に「その重装備はないでしょ」という人も他見されるのも、なんか興ざめするぞ。
この程度の山はカジュアルに上り下りしたいものだ。

さてさて、今回我が高尾山登山にあたり持参したのが、先日購入したHT-03Aとそれにインストールした「SportyPal」である。
SporttyPalって何ぞや?という人に簡単に説明すると、SportyPalはランニングやウォーキング、サイクリングと言う類の運動を「WorkOut」と言うデータで管理するもので、自分が歩いた(走った)コースをGPSで記録しながらカロリーやベースとかを測定してくれる、優れもの(詳細はこちらを参照)。

高尾山口駅を起点に山登り開始。
今回は一番メジャーな1号路を行く。あんまり山の中を歩くとGPSが捕捉できなくても困るからな。
高尾山はこれから紅葉の季節に入ることもあり、「高尾山陣馬スタンプラリー」を開催中であったので、我も観光客気分で、上る途中に設置されているスタンプ台を押して回る。

高尾山頂には約1時間で到着。ちょうど正午あたりに着いたのでお弁当を広げる人が多くて、マジで座る場所を確保するのは至難の業な状態。
しかし!
我のお弁当スポットは高尾山頂ではなく、更に先の小仏城山と決めていたので、そのまま山頂を通過して歩を進める。

小仏城山までの道は、前回来た時は道が雪解けかなんかでぬかるんでいて非常に歩きにくかったのから、格段に良くなっていて道の補修も終わっていた。。高尾山頂からは基本的に下り+上りという感じで、大きな勾配もないから、気分良く深まり行く秋の山を風情を堪能出来たぞ。
小仏城山までは小一時間ほどで無事到着。ここは高尾山より高くて見晴らしもいいはずなのであるが、今日は登山客がウジャウジャいたな。そのなかに混じって我も昼ごはん&ビール・・・・。美味しい。
秋とは言え、雲ひとつない好天、日差しも強くて汗をかいて喉も渇いていたからな。

城山からは、以前来た時の同じように相模湖方面にへ降りる。相模湖に抜ける道は整備されていて歩きやすいから、気軽に山下りを満喫できる。ところどころとんでもない下りが出現するにも面白い。
ただ、一気に駆け下りるルートだから、気をつけないと転ぶ可能性もあるし、その以前の問題として膝に相当な負担がかかっているような気がするぞ。

山のふともまで下りてくると、すっかり里山の風景で、東京近郊でも「田舎はどこでも同じだな~」と心が和む。
振り返ると、さっきまでいた城山があんなに高いところに見える。ちょっとした充実感。

最後は相模湖を回って相模湖駅へ。
大変有意義な秋の休日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月17日 (土)

【Back to decade ago】釜山国際映画祭PIFF

アジア最大級の映画祭でもある「第22回東京国際映画祭」が開催されているらしいな。
実は、我はこの東京国際映画祭には行ったことがないが、韓国釜山で行われている釜山国際映画祭には行ったことがあるんだな・・・。それも10年前に。
あの頃は釜山映画祭も規模がそれほど大きくなくて、まったりしてたな(遠い目)

以下はその時の記録だ。

1999年10月16日。
現在、釜山では「第4回釜山国際映画祭」が開催されている。

日本では好んで「アジア映画祭」などにも足を運んでいた私ではあるが、この映画祭はチケットを入手するのが困難と云われていたし、それほど興味を惹かれるようなことも無かったのであるが、このたびは在釜山領事館からの招待状(映画のチケット同封)が回りまわって私の手元にやってきたので、行って見ることにしました。

この度、上映されたのは北野武監督の「菊次郎の夏」と云う映画でした。

当日は寒かった。
釜山をはじめ韓国は一気に気温が下がって、釜山でも気温が下がっていた上に風も結構吹いていて体感温度は結構寒く感じられた。

映画はこのような状況の中で、野外上映場で行われた。会場に行って見ると、既に多くの人で一杯だった。

韓国では日本映画はこれまでの上映禁止だったということもあったので、こうした機会でも無いと日本映画を見る機会が無いと云うこともあり、常に日本映画は人気が高いという。

寒空の中でおよそ2時間震えながら見た映画ですが、「笑える」映画でしたね。久し振りに大笑いしました。韓国人の聴衆からも大きな笑い声が聞こえていて映画は好評だったようですね。

映画が終わってからは、ホテルに移動しての領事館主催のレセプションに寄らせてもらいました。

こう云った公的な席に出るのは「盛装が求められるのではないか」と緊張していたのですが、わりかし砕けた感じで楽しめました。

もっとも楽しめたのはそれなりの理由があって、このレセプションに参加していた韓国の俳優さんと記念写真を取り捲ったからです。

韓国トップの俳優である「安聖基」とか「パクジャンフン」とかと話もしたし、写真もたくさん取りました。
某女史はツーショット連発で、良い思いしていましたね。

また、日本からは「桃井かおり」さんが来ていたのでここぞとばかり声を掛けてみる。
Eさんは彼女が使っていた、その吸殻を大事そうに持って帰っていったのかな?

ちなみにこれらの行為にもっとも積極的だったのは私達ではなく、日本人学校学校の校長先生だったのですけど。

Piff01
会場となったパラダイスホテル前で記念撮影

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 1日 (木)

【噂のGoogleケータイ】DoCoMo HT-03Aを購入!

ウィルコムを解約して、今度はどこのキャリアにしようか思案した結果、到達したのは、やはりNTTドコモ。
やっぱ、資本背景がしっかりしてトコロじゃないとね。
はじめはイーモバイルもいいかも、と思ったんだけど、ウィルコム同様にバックがしっかりしてない新興企業なので、常に新規サービスを提供していけるかと考えると、候補から脱落。
ソフトバンクモバイルは、確かにソフトバンクというバックがいるけど、如何せん有利子負債が多すぎる企業なので、資金繰り破綻する可能性は、実はウィルコムより高そうで、潜在的なリスクが大きいような気がしてパス。
iPhoneが相当気になったのだけどね。
バックがしっかりしているという点ではauでも良かったんだけど、ウィルコム時代にはW-ZERO3[es]ユーザーだった我としては、やはりスマートフォンを引き続き利用したいということで、選択したのが、GoogleケータイのHT-03Aというわけ。

おサイフケータイやi-modeに非対応、ワンセグ見れないとかいう問題はあるけれど、元々PHSユーザーだった我にとっては利用したこともない機能であるので、無くてもまったく困らない。docomoのメールアドレスも設定できるらしいけど、基本的にメールのやり取りも多くなかったので、メールはgmailで十分過ぎるほど。

流石にGoogleケータイだけあって、Googleとの連携はしっかりしていて、gmailはmailが携帯電話のようにプッシュ配信されるから、本当に便利。パソコンから連絡先の設定を含め自由に出来るし、届いたメールの返信もパソコンから出来るから、慣れないケータイの入力でイライラすることも減るな。
これまで、Googleのサービスはあんまり利用したことなかったけど、gmailやカレンダーとの連動、GPSを利用したマップとか、ドップリハマりそうな気配である。

もっと早く、W-ZERO3[es]から移行しておけば良かったー!と本気モードで後悔するくらい、気に入っている。
でも、このHT-03Aがその他のスマートフォンと大きく違うのは、Androidマーケットから簡単にアプリを追加できるだろうなー。
アプリの数そのものはiPhoneに負けているみたいだけど、それでも独りで利用する分には十分すぎるほどあるし。アプリもどんどん充実してくると思うぞ。

HT-03Aを入手したのを契機に、Twitterも開始。周りにTwitterしている友人がいないけど・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »