« 2009年3月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年4月29日 (水)

昭和40年代生まれの心情「人生という名の列車」

たまたま発見した曲なのであるが、ちょうど今の自分にも重なりあうものがあり、共感できる歌だよ。
汽車ポッポよろしく元気なテンポの曲なのだが、歌詞をじっくり聴いていると自分の歴史を辿っているような感じで、ふと昔の自分を思い出して、これからの自分に思いをはせるな~。

☆とある病室の分娩室に始発のベルが鳴り響く
☆どんな夢も叶うとまっすぐに信じていた
☆「旅立ち」という名の駅のターミナル、パパとママがくれた切符もここまで
☆この旅の途中から僕にも愛する人とかわいい道連れがいて、僕はもう僕だけのものではない

ほんと沁みてくるね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年6月 »