« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月26日 (月)

【単身生活】今日の晩御飯

この週末から久しぶりの単身生活に突入したわけであるが・・・・。
今朝も無事に起きれてよかったが、流石に一人でいるとちょこちょことやることが多くて、今までだいぶ連れに依存していたことを痛感。


Dscf0002
今夜の晩御飯は、オムカレーだぞ。
見た目も割とおいしい感じに出来上がったと自画自賛。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

【Ground】恐怖体験【Zero】

オーストラリアのデータ管理サービス企業Carlos Labs社が運営している「Ground Zero」というシミュレーションサイトでは、都市に核爆発が起きたらどのくらいの被害が予想されるかというのを視覚的に体験できる。
日本人でこれを面白がって試すバカはいないと思われるが、まったくもって不謹慎なサイトであると言わざるを得ない。
もっとも、核兵器の恐ろしさを知らない奴等にとっては恐怖心を煽り、反省材料的な意味合いを持つのかも知れんから、それはそれで必要なものかも知れん。
しかし、ソ連が米ソ冷戦時代に開発した、単一兵器としての威力は人類史上最強ともいわれる「Tsar Bomba(ツァーリ・ボンバ)=爆弾の皇帝」なんかが実戦で使用されていた場合には、絶対人類は滅亡しているな・・・というくらいの被害がでるようだ。
極めつけは「小惑星衝突」で、もしアメリカのワシントンに小惑星が落下したら北米大陸はほぼ全滅、東京に落下した場合には日本はおろか、中国全土から東南アジア全域、ハワイあたりまで壊滅的な影響が出ることは間違いないらしい。
小惑星の衝突による地球壊滅なんて、映画の世界の話で実際にはあり得ないと思いたいのではあるが、「2029年に小惑星が地球に衝突する可能性が一時2.7%」と算出されたこともあり、可能性としては常にあるわけだ。
恐竜が滅亡したのは小惑星か隕石の落下による地球環境の変化だとも言われているが、人類は生き残れるかなぁ・・・shock 
もしかしたら「神様」を名乗る宇宙人が助けに来てくれるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

【Yes!】ブラウザを変えてみた【We Can】 

以前にSuse Linuxを利用してきたときには既存ブラウザとしてFirefox をを使っていたが、その後にPCを買い替えてからは惰性のままにIEを日常的に使っていたので、Firefoxのアドオンにどんなものがあるのか知らないが、このネタに参加してみる。

さて、オバマ米国新大統領が就任してからというもの、マスコミをはじめあちらこちらで「Change!」と騒がしい今日この頃であるが、我もプチ変革を遂げようとブラウザをIEからSafariにチェンジ!してみたぞ。

SafariはApple公認のブラウザであり、Macユーザーではスタンダードな存在らしく、確かにインターフェースとかMacっぽくて、モサイ感じのIEとは一線を画している。それも何といってもサクサク快適である。
Apple曰く、ブラウザの中で最速のSafariは、Firefox 2の最大3倍、Internet Explorer 7の最大2倍、Opera 9の最大5.5倍のスピードでページを読み込めるとのことであるが、ストレスを感じることなく利用できるのがgood

一部では表示が壊れるなど、対応していないサイトがあるけど(このココログでもリッチテキストモードに対応していないようである)、日常的にネットサーフィンをするぶんには気にならないし、必要な時にはIEを起動すればいいだけの話(遅くて(#゚Д゚)y-~~イライラ)。




コネタマ参加中: Firefoxのアドオンでオススメは?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

【飛行機】スターフライヤー搭乗【遅延】

仕事の関係で九州方面に行く用事があったので、初めてスターフライヤーに搭乗してみた。
スターフライヤーは東京羽田空港と新北九州空港を結ぶ新規参入の航空会社であるが、結構便数もあるみたいだし、機体をはじめ機内のあらゆるものが黒づくめで、ちょいとアダルトな感じで売り出し中である。

実際、往路の乗り心地は快適そのものでほぼ定刻通りに北九州に到着することも出来、そのあとの仕事関係もばっちり無事に終わって問題なかった。
久しぶりに実家近くまで戻れた我はそのまま実家に帰郷。我の実家は現在一応「市」ではあるが、列車は1時間に1本しか走っておらずそれもワンマン運転。ちなみに終電は20:30・・・・。
東京での電車の便利さからは考えられないが、絶対に座れるから体を休めるにはぴったりだし、一応スローライフを標榜する我にはピッタリではあるな。
しかし、実家付近の雰囲気は変わりようがなく、相も変わらず鄙びたムードが全開で、当日の朝には東京にいたというのがオカシナ感じがするくらいだったぞ。

さてさて、週末トンボ帰りの強行軍での九州方面出張だったわけで、翌日に北九州から東京に向かうわけだが、初めて利用する空港というわけで早めに空港に到着してみると、驚きの事実が我を襲ったわけで。

なんと、乗る予定の飛行機が欠航!

機体繰りがつかなかったとの理由により、次の便(1時間後!)まで待つはめに。東京到着が遅くならないようにとその時間帯の飛行機を選んだのに・・・・。どうせい遅い便に乗るんだったら、もっと実家でのんびりしておけばよかった、と後悔するもどうにもならん。
飛行機会社からは「待ち時間で喫茶でも」と千円分のチケットを貰ったけど、結局は空港で3時間近く手持ち無沙汰な状態だったわけで(地方空港には時間を潰す施設はなく、おまけに超狭い)、却って疲れてしまったな。
それに、よくよく考えてみたら、個人の時間を1時間以上浪費させておいて、チケット千円分でチャラというのも大分自分の時間を安く買い叩かれた気がして、気分がよろしくない。

最終的には無事に自宅に戻れたからいいけど、欠航便が最終便だったり、他のフライトへの接続便だったりしたらと思うと、ゾッとするな┐(´д`)┌ヤレヤレ

多分次回からはスターフライヤーを利用しないと思うぞ。だって他の航空会社だったら近隣の空港からの振替とかの対応が期待できるけど、特定の空港を制限された機体だけで運航しているスターフライヤーだとトラブル発生時には「忍耐」しかないことを痛感したからな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

【お正月三が日】御屠蘇気分は今日まで

年末年始を挟んでの連休も残り僅かとなってしまったな。
正月3日の休みも今日までで、明日から只の週末になるわけだ。
今年の正月は田舎にも帰らず、自宅でのんびり寝正月の予定だったわけだが、なんやかんやで外出していたような気がする。

大晦日は年末ジャンボ宝くじの抽選会の見学券を人から貰っていたので、目の前で抽選会を行われる会場にいたわけであるが、当然の如く高額当選なんぞするわけもなく、末等の300円のみという結果に。
それでも、抽選会の後に行われた「小柳ルミ子」のショーを見れたから年の〆としては、まずまずだったな。「別れても好きな人」とか、「瀬戸の花嫁」とか、「いまさらジロー」とかを堪能したぞ。

元旦と二日は地元の大型スーパーと百貨店の初売りセールに参戦。近々購入予定であったものがお値打ち価格で買えたので連れは大喜び。
しかし、以前は御用始に合わせる形で正月三が日明けの4日以降から初売りをする店が多かったが最近はどこも元日か2日から営業しているから、店側も大変だよな。
どこの店もフツーに開いているから、「おせち料理」も正月用の保存食としての意味をなさなくなっているしな。

ちなみに、我は8キロのウエイトジャケットを着たまま半日以上外出していたので、帰宅したら肩が痛くてダウン。筋肉痛になってしまった。

Rimg0033

でも、のんびりとしたいいお正月だったな~。今年もいいことたくさんありそうだな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

【2009年】今年の目標♪

大晦日には「紅白歌合戦」を見て、そのあとしみじみと「行く年来る年」を見ながら過ぎゆく年にさよならを告げ、新しい年を祝うという平均的日本人的な過ごし方を実践してみたぞ。

さてと新年を迎えたからには、2009年の目標を立てておこうと思うのだが、出来る出来ないは別にして、色々やりたいこととか多くてなかなか絞りこめないな・・・。

基本的なスタンスとして「面倒だと思うことから最初にしてしまう」ということだな。拙攻はよくないと思うが、物事を後回しにしても時間切れになったり状況が悪化したりして後悔するよりも、割り切って(思い切って?)スパッとやってしまおうと。
仕事においては、「仕事に追われずに仕事を追う」ことを心掛けたいなあ。

プライベートなりで、やりたいと思うこと(目標)を箇条書きにしてしまうと・・・・
<資格>
・英語~工業英検1級受験&合格、TOEIC850点
・中国語~中国語検定準2級受験&合格
・司法書士~2010年度受験に向けて勉強を始める
・通関士
<趣味>
・筋トレ~体脂肪率15%以下のまま体重を75キロまで増やす
・自転車~週末50キロ以上のライド
・卓球~出来るだけ練習に参加して、いろんな人と交流する
・ダイビング

ま、新しく増える家族のために健康でいることが一番大切だと思うので、規則正しい生活を心掛けるぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »