« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月30日 (日)

【年末ジャンボ】3億円が当選したら・・・

当選したらいいなーと思いながら、結構購入しているつもりだけど、やっぱり当たらないものだな・・・。

都市部の売り場で大型当選が出ているから、田舎の知り合いからも「代わりに宝籤買って~」との依頼を受けることもあるのだけど、たぶん都市部の売り場って販売数も桁違いに多くてその分当選も多く出るだけで、当選確率はそうそう変わりないとおもうけど。
それに自分が買って送ってあげた籤が大当たりしても、送ってあげた籤がすっからかんで自分の手元にある籤だけが大当たりしても、ちょっと気まずくなるから微妙だな。

宝籤が当たったら、南の島に別荘が欲しい。サイパン、グアム、パラオとか。
残りはスイスあたりのプライベートバンクに預金して、プチセレブな気分を味わいながら資産運用するのもいいな。

本当は両親とかにも送りたいけど、贈与税がかかる上に税率が最大で50%かかるから、これ以上税金取られてたまるか!っての。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 9日 (日)

【メタボ対策】ビリーズブートキャンプに再入隊。

先日、会社の健康診断があったわけだが、自分で思ったよりも健康度がアップしてないような気がしたので、この週末から一旦はお休みしていたビリーズブートキャンプを再開したぞ。

久しぶり(多分半年ぶり?)にすると、身体のアチコチが筋肉痛になって、動きが油を差し忘れたロボットみたいになってしまったな・・・・。

前回入隊した時は体重を5キロ以上絞れたけど、今回は我的には、脇腹から下腹部にかけての余分な肉を落として、目指せ!シックスパックスだ!!

ビリーって、ブートキャンプだけじゃなくて、TAEBO(テコンドーとボクシングを合わせた造語)をベースにしたトレーニングをたくさん作っているみたいで、上記の画像は、有酸素系の運動プログラムの「Taebo Cardio」だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 3日 (月)

【投機】米エタノール生産大手が破産へ

米国のエタノール生産のベラサン・エナジー(VeraSun Energy)が、原料のトウモロコシ高騰による事業採算の悪化と資金繰りの逼迫を受けて連邦破産法11条を申請したらしい

ブッシュ政権は最後の最後までやらかしてくれるな。
バイオエタノールの生産拡大施策は、原油輸入依存度を下げるためのガソリン代替燃料確保としてブッシュ政権が主導し、租税減免措置や政府補助金を相当規模注ぎ込んだあげく、民間からの投資も流入して、明らかに投機状態になっていたからな。
原油市場に流入していた投機マネーがいなくなって原油価格がある程度下がってくれば、バイオエタノールの需要も落ちて当然にトウモロコシの価格も下落するわけで、この会社も高値圏でトウモロコシの先物買いをした後に、トウモロコシ価格が急落して先物取引で多額の損失を出すなど、ヘッジに失敗していたらしいぞ。
エタノール生産のためにはトウモロコシが必要なわけで、ブッシュ政権のお題目に乗って生産拡大のための農業機械や農地を購入したトウモロコシ生産農家も悲惨だな。
ところで、国を挙げてバイオエタノール政策を推進していたブラジルは大丈夫だろうか。

我としては、食べ物をエネルギーに転用しようとする発想自体が間違っていると思うから、まあ、自業自得というべきか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 1日 (土)

【高尾山】秋の紅葉狩り遠足

11月になって、めっきり涼しくなりましまたな~。一気に秋が深まったという感じ。
Top_swf01_2
最近、京王線の電車のなかで、「赤高尾」なる宣伝を多くしており、その影響を受けたわけでもないけど、秋の高尾山に紅葉狩りに行ってきた。

高尾山と言えば、ミシュランの日本語版ガイドブックで日本の山としては、富士山と並ぶ3つ星の山と評価されてから観光客が増えており、おまけに秋の観光、紅葉シーズンとうことで、相当混雑を懸念していたのだが、思ったより人が少なくてビックリだな。

リフトにも並ばずに乗れたし。リフトに乗ったのは初めてだったが、結構いい感じに揺れて楽しいものだな。急勾配の山肌を一気に登るのだが、振り向けば地上のリフト乗り場があんなに遠くに見える・・・・。

リフトを降りてからはひたすら山頂を目指して歩くのみ。ひんやりした山は気分爽快であるが、本日の目的であった「紅葉」は全然だったのが残念。

山頂到着10:30。ちょっと早い昼御飯を食べた後、下山開始。下山コースはかつら林を歩く3号コースを選択。上りと違い、本当に踏みしめられた山道を歩くという感じで、友人と一緒に「山に来た!って感じ」と言いながらテクテク。
3号コースの終点である浄心門には向かわずに、高尾山自自然動物園の裏手(?)を経由してびわ滝道へ。この道、健脚者向けと注記しているだけあって、ごつごつとした荒れた山道を一気にそれもヘアピンカーブ状態で下る!ちょっと恐いぞ。
歩いているというよりは走って降りていると言った表現が正確かも。更には登山マップにも載っていないケモノ道みたいな道を飛び降りるように進む。

MTBに乗って下ってみたい。そんなスリリングな道だった。
久しぶりに全身運動したので、暫くは筋肉痛になることは必至だな。特に下半身。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »