« 2007年越し→新年2008 | トップページ | 【2007】初詣三昧旅行【2008】Ⅱ »

2008年1月 4日 (金)

【2007】初詣三昧旅行【2008】

2007年の12月31日(大晦日)から2008年の1月3日(正月3が日)にかけて、初詣三昧旅行に行ってきた。これまでの正月と言えば、近場の海外に避寒するか、実家に帰省することが多かったので、正月に国内旅行に出るのはマジに久しぶり。
まあ、流石にこの時期、凍結した高速道路を走るのは怖いし、ガソリン代もばかにならないし、そもそも新幹線とかは予約なんてできる状況ではないし、というわけでバスツアーを利用して旅となったわけだ。

★初日(12月31日)
出発場所である新宿に集合すると、各地に向かうツアーバスと旅行客の多さに驚き。こんなに正月にバス旅行する人が多いんだ!そのため、バスが乗降場所までなかなか入って来れずに結局、我らのバスは予定より45分近く遅れて出発。
我々を乗せたバスは一路北陸地方に向けて中央道を疾走。途中、長野県の飯田あたりで昼食。出たのは蕎麦(当然年越し蕎麦ということなんだろうけど)。山梨県くらいから長野県あたりの中央道っていうのはこの時期、無茶苦茶雪が多いんのね。今年(というか最終日だったんだけど)の初雪に感激する我と連れ。
途中から名神道に入り、更に琵琶湖を左手にしながら福井県に北上。敦賀ICで降りて越前海岸を走るのだが、「これぞ!冬の日本海!」というくらい大時化の海。強風に煽られた波が防波堤を超えて道路までかかってきて、何度がバスも襲撃されたぞ。雪か霙が雹かわからないものも降りしきり、遠くではイナヅマがピカピカしてるし。
夕食は、越前蟹。蟹は嫌いではないのだけど、この前の山陰旅行で「蟹尽くし」を堪能しているからな。それよりも店の出入口が寒くてそれどころではなかったな。一通り蟹をいただき、最後に、本当に最後の年越し蕎麦を食す。
一旦、ホテルに戻り小休止の後、除夜の鐘&初詣のために、永平寺へ。
Rimg0003

雪と静寂に覆われた永平寺で聴く除夜の鐘は身も引き締まる思いで、少しでの多くの煩悩が払われることを願う。そのまま永平寺の境内で新年を迎え「明けましておめでとう」

2008年もたくさんいいことがありますように。

Img081_2

|

« 2007年越し→新年2008 | トップページ | 【2007】初詣三昧旅行【2008】Ⅱ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151574/17594980

この記事へのトラックバック一覧です: 【2007】初詣三昧旅行【2008】:

« 2007年越し→新年2008 | トップページ | 【2007】初詣三昧旅行【2008】Ⅱ »