« カナダが米加国境警備を強化へ(ワシントンポスト) | トップページ | 【見慣れた?】台湾の立法議会で【揉み合い】 »

2007年1月14日 (日)

スミソニアン博物館に韓国館がオープン(ワシントンポスト)

アメリカのスミソニアン博物館に【韓国館】がオープンすることになったらしい(ワシントンポストの記事)。
スミソニアン博物館と言えば、広島に原爆を投下したエノラゲイを誇らしげに展示しているトンデモない所であるが、一方ではアメリカを代表する科学、産業、技術、芸術、自然科学の博物館でもあるわけで、そこに韓国館が出来るということは結構すごい。
問題なのは、"For 5,000 years Korea was one country. The identity of Korea as a people is quite ancient"(韓国は5千年間、ひとつの国家であり、民族としての歴史は長い)と紹介している点だ。韓国の歴史が5千年?韓国という国が成立してからまだ50年しか経過していないわけで、日本併合時代、中国の属国だった李氏朝鮮や高麗時代、それ以前の新羅、百済、高句麗(これは中国東北部の地方政権という説が有力)から更に遡って古代朝鮮時代まで含めても5千年はないんじゃない?

まあ笑い話なのかも知れないと思えるのが、そこで展示される予定のものが、a stone knife from the 5th or 6th century B.C. and ceramic pieces that had  been buried for 1,500 years(5、6世紀の石器ナイフと1,500年前の陶器の破片)だけだということ。5千年の歴史を有しているのなぁ。
あとは、peninsula's natural history and geography, as well as the lives of Koreans living outside Korea(半島の自然史、地理、韓国人の生活ぶり)などが展示されるというからスミソニアン博物館もわざわざスペースを割く必要ないだろうに〜と思っていたら、韓国の国際交流財団が125万ドル支援していると聞いて納得。

|

« カナダが米加国境警備を強化へ(ワシントンポスト) | トップページ | 【見慣れた?】台湾の立法議会で【揉み合い】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151574/13492618

この記事へのトラックバック一覧です: スミソニアン博物館に韓国館がオープン(ワシントンポスト):

« カナダが米加国境警備を強化へ(ワシントンポスト) | トップページ | 【見慣れた?】台湾の立法議会で【揉み合い】 »