« 無線LANを導入しようかな〜 | トップページ | 【MSと提携】SUSE Linux【ノベル】 »

2006年10月29日 (日)

【鋸山】10月28日【東京湾】

この週末(10月28日29日)は本当にいい天気で、外を歩いてると涼しいというよりはむしろ暑いくらいの陽気だったので、週末を利用して秋のお出かけを敢行。

10月28日は千葉県南暴走(おっと間違えた)房総を観光。
土曜日の朝にも関わらず渋滞気味の首都高を抜け、まずは東京湾アクアラインへ。

東京湾アクアラインは、東京湾の海底を横断する道路で、東京(厳密には川崎らしいが)と千葉県の木更津を一直線に結んでいる。一緒に行った同乗者(運転者だけど)は久しぶりの海底トンネルに大喜びの様子。久しぶりの海底トンネルなのは関門トンネルとの比較であるが、長さとかはまったく比べものにならんな。通行料も相当高いだろうが、今回よりETCを導入しているので、あまり払った感じがしなくてよく覚えていないな。
海底トンネルの途中では【風の塔】なるものを発見。ドラクエかFFの類のものかと思ったが、海底トンネルの換気用としての換気塔だとか。トンネルを抜けると、今回の目的の一つ、海ほたるに到着。
Umihotaru

逆光でよく写っておらんが、この海ほたる、パーキングエリア(人工島)のくせに、海に浮かんでいるフェリーかなにかを錯覚させるような造りになっておて、なかなかよかったぞ。ここでは、名物?のメロンパンを購入。グリコのお菓子ショップ「ぐりこ・や」もあって、怪しげなデカ菓子が所狭いしと並んでいたな。あと、銘菓ひよこに激似の海ほたるの菓子があったが、あれは問題ないのか? 偽ひよこと言えば、韓国版ひよこ。

海ほたるを後にした我らが次に向かったのは木更津。本来の千葉県行きの目的であった某仕事をここで終了。その足で鋸山に向かう。その昔、石切場があったとかで石を切り出した跡がギザギザで鋸の刃に似ていることから、その名前が付いたとか。車で頂上付近まで登れるけど、我らが乗ったのはロープウェイ。わずか4分の搭乗ではあるが、眼下に見える景色や目の前に迫ってくるギザギザ模様の鋸山の威容と言い、お薦めですな。小さいロープウェイの箱が緑豊かな山肌に落とす影も。

鋸山の観光名所といえば、頂上付近にある切り立った岩盤の上から下をのぞき見る「地獄のぞき」なのだが、我的には全然だったな。我は本来高所恐怖症のはずなのだが、俗に言われるクラクラするような幽谷とは思えなかったな。もう一つの名所は、高さが31メートルある実際には日本最大のはずのImg017 日本寺大仏。

日本最大ならもっと有名でもいいはずなのに、奈良や鎌倉の大仏様に比べるとまったく無名に近いね。こんな山奥では観光客もあんまり来れないから仕方ないか。

ちょっと遅い昼ごはんは鋸山からの帰り道にあった、海花亭という海鮮料理屋で食べた。海鮮丼を食べたのだが、量もいっぱい味も美味しくて、お薦めである。お値段1,500円なり。
お腹が一杯になった我ら。このまま車を運転して帰ると睡魔に襲われる可能性も出てきたことから、また、来た道をそのまま戻るのも芸がないことから、帰り道は東京湾フェリーを利用することに。

東京に戻るならアクアラインのほうが早くて安いらしいが、折角だし、車ごとフェリーで移動するなんて、下関に居たときに小倉に遊びに行くときなどに利用していた関門海峡フェリー以来だしな。何よりも寝て帰れるというのが大きい。実際、二人して海を眺めたりすることなく、席に着くなり爆睡状態だったからなぁ(笑)

フェリーが到着する久里浜港からは、横浜横須賀道路〜横浜新道〜第三京浜の横浜プール路線を縦走して帰る。黒字路線である第三京浜と横浜新道は黒字路線であり、本来であれば無料になっていてもおかしくないはずなのに、横浜横須賀道路が大幅な赤字路線とかで、トータルで有料道路扱いになっているらしい。
因みに我が往路で利用した東京湾アクララインは千葉プール路線に属するが、大幅な赤字路線として千葉プール路線全体の収益性を悪化された主犯らしいぞ。こちらも当面は無料化することは無さそうだな。

|

« 無線LANを導入しようかな〜 | トップページ | 【MSと提携】SUSE Linux【ノベル】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151574/12474988

この記事へのトラックバック一覧です: 【鋸山】10月28日【東京湾】:

« 無線LANを導入しようかな〜 | トップページ | 【MSと提携】SUSE Linux【ノベル】 »