« 指紋押なつ拒否で永住権奪われたピアニスト | トップページ | 韓国で組織的TOEIC不正受験 »

2006年2月27日 (月)

韓国の地下経済規模はGDPの約3割

韓国の地下経済の規模は国内総生産(GDP) 27.5%に達するとの研究結果が出た。
地下経済とは、脱税や賭博、売春、密輸などの公式な経済統計に反映されることのない経済活動のことを指すが、ここ最近先進国では経済規模が結構な規模に膨張しているとか、していないとか。
韓国の研究者が算出した経済協力開発機構(OECD)加盟国の地下経済規模はGDPの18%らしいが、韓国はそれを遥かに上回る27.5%に達しているとか。
まあ、勿論OECD加盟国の全てが先進国か?と言われれば、些か疑問があるし、我的にはなんでそもそも韓国がOECDに加盟しているかと思っているくらいなので、韓国の地下経済規模がOECD加盟国の平均より高くても、それは至極当たり前のことだと思うぞ。
ちなみにアメリカは8.7%、日本は11.3%らしいが、中国(13.1%)の地下経済規模の比率が韓国より低いのはホント?

地下経済が拡大すると、何がヤバイかっていうと、まずは経済政策のミスが生まれやすいということかな。だって、地下経済って公式な経済統計に反映されていないんだから、その規模が大きくなると、公的な経済統計を基準にした景況判断とか経済対策とかの実効性が下がると思うぞ。
他には、公的な経済活動として補足されていないということは、当然税金も払っていないだろうから、税金を真面目に払っている人(我とか^^;)との不平等が生まれるし、そんなことが当たり前に「真面目に税金払うのバカらしい〜」的意識が広まれば、税収だって減るんじゃないかな。

韓国の地下経済の内訳って結構気になるな〜。
たぶん、汚職とかが大きな割合を占めてそう。だって、歴代大統領は皆、財閥とかからの政治献金と呼ばれる形で汚職に手を染めてきたみたいだし、大統領だけじゃなくてその側近や政治高官まで含めると相当なお金が動いてるんだろうな。
脱税も結構重要かな。韓国では一時期カード決済による消費振興策が政治主導で行なわれた時期があったけど、その目的の半分はカード決済の「記録」からの税の補足だったらしいからな(お陰で韓国はクレジットカードバブル&崩壊によるブラックリスト・個人破産続出で【徳政令】を発動することになったけど)
最後は売春とかの風俗だろ。韓国の風俗産業規模はGDP3.5%に相当するくらいの巨大な産業。風俗産業に従事する女性も30万人は堅いからな。ただ、韓国の風俗って絶対アングラのはずなのに、売春婦が「働く権利」を求めてデモするくらいなので実質的には地下経済ではないのかも。
最近では、闇金融の被害も結構報告されているらしいぞ。

|

« 指紋押なつ拒否で永住権奪われたピアニスト | トップページ | 韓国で組織的TOEIC不正受験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151574/8858455

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の地下経済規模はGDPの約3割:

» 海外ニュース [共通テーマ]
事故、事件、紛争、芸能。海外のニュース、時事で気になったことを何でも書いてください。 [続きを読む]

受信: 2006年2月27日 (月) 20時32分

« 指紋押なつ拒否で永住権奪われたピアニスト | トップページ | 韓国で組織的TOEIC不正受験 »