« ネスケ8.1をインストールしてみた | トップページ | 米韓が自由貿易協定(FTA)交渉開始 »

2006年2月 3日 (金)

フィッシングサイトだろ>Chaseからのメール?

明け方、メールをチェックしたら、こんなものが…。日本語は我の拙訳。


Dear Chase member,
チェース銀行とお取引の
皆さんへ

We recently reviewed your account and suspect that your ChaseBank Account may have been accessed by an unauthorized third party. Protecting the security of your account and of the ChaseBank Network is out primary concern. Therefore, as a preventative measure we have temporarily limited access to sensitive ChaseBank Account Features.
貴殿のチェース銀行の口座について、第3者からの不正なアクセスが検知されたことから、一時的に取引停止の措置を採りました。顧客の銀行口座を不正利用から保護することは、我々チェース銀行グループの最優先事項です。従って、こうした不正利用の可能性がある口座については取引を一時的に停止する予防措置を採ることになりました。


Click The link below in order to regain access to your Chase Cardmembers Account, simply:

CHASE

Please fill in the required informations.
This is required for us to continue to offer you a safe and risk free environment.
[LOGIN]
をクリックして、画面に表示される質問事項に対してお答えください。
これは、あなたの口座を安全に守る為に必要な措置です。

Sincerely,
Account Online Management

口座オンライン管理者

・・・・。これはどう考えても、フィッシングサイトへ誘導するメールの文面としか読めない。大体、我はチェース銀行に口座持ってないので、こんなメールが来るわけない。モロばれ。
試しにクリックしたら、IDとパスワードを入力する画面に出てきたのだが、当然の如く、SSL認証の「カギ」マークとかは付いてないよな。

しかし、一方ではメール本文において、
「口座に関する個別のお問い合わせには応じかねるので、口座の詳細については直接ログインして確認してください」と書いて、チェース銀行のホンモノのサイトへのリンクが貼ってあったりするから、コロっと騙されて、ホンモノのサイトで情報を確認した後に偽サイトへログインする人もいるんだろうな…(合掌)

放置していたら、またメールが来たので開けてみると…

Your most recent checking account statement is ready to view online. To access it, just sign in to Online Banking, select the "Account Activity" tab, and click on "View paper statement."
貴殿の銀行取引における直近の明細書が出来上がりました。オンラインでも確認できるのでアクセスして確認してください。

という内容だった。
あまりにも分かりすぎる内容&絶妙のタイミングだったので、ワロタ^^;

|

« ネスケ8.1をインストールしてみた | トップページ | 米韓が自由貿易協定(FTA)交渉開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151574/8480479

この記事へのトラックバック一覧です: フィッシングサイトだろ>Chaseからのメール?:

» ◆ID詐欺減少傾向へ [電脳ITニュースブログ (セキュリティニュース)]
"ID詐欺:米国の被害者数がわずかに減少傾向、ネット経由は1割…gooニュース" アメリカの消費者団体の調査によるとID窃盗の被害はわずかに減少したそうです。インターネットを通して盗まれたIDはID窃盗のうち1割のようです。 日本でもここ1〜2年で「フィッシング詐欺」やスパイウェアに対する危機意識が向上したことで被害を抑えるための手段を講じる人が増えました。自らの身を守るための知識は最低限備えましょう。 電脳ITニュースブログカメラ ... [続きを読む]

受信: 2006年2月 6日 (月) 10時31分

« ネスケ8.1をインストールしてみた | トップページ | 米韓が自由貿易協定(FTA)交渉開始 »