« センター試験(懐かしすぎる) | トップページ | センター試験日は雪の当たり日 »

2006年1月21日 (土)

米国産牛肉は本当に大丈夫?

米国から輸入された牛肉に、狂牛病(BSE)の病原体がたまりやすい特定危険部位の脊柱が混入していたとして、米国産牛肉の輸入が当面の間、全面停止されることになった。
米国産の牛肉輸入再開は12月だったから、1ヶ月も持たずに再度輸入禁止となってしまったわけか。
今回の事態はどう考えても米国の杜撰さに原因があると思うが、こうなると日本も米国に配慮して輸入再開を急ぐ必要があったのかという議論も起こりそうだ。
勿論、輸入再開を急いだ政府は非難されるべきだが、同時に今回、こんなにスピーディーな措置を発動したことは正直驚いた。
NHKや時事通信の記事では、米国の農務長官が「容認できない失敗だ」と遺憾の意を表明したという。これだけを読んで我は驚いた。あのアメリカがあっさり謝ったぞ、と。
しかし、米ABCが伝えたところによると、「今回の事態は食品安全上の問題ではなく、牛肉の輸入再開に当たっての日本との合意違反というミス“While this is not a food-safety issue, this is an unacceptable failure on our part to meet the requirements of our agreement with Japan”」としているからな、日本人の食に関する意識なんて全く無いんだろうな。
日本のマスコミもその辺りを正確に報道して欲しい。
あのアメリカが謝った→仕方ないな、今回だけは許してやるか→なんとなく輸入再開、みたいな事態が発生しそうで怖い。

今週の株式市場は「ライブドア・ショック」だったけど、来週は牛丼販売再開を宣言していた「吉野家・ショック」とか起こりかねないな。牛丼食わない我としては、マスコミで「牛丼が・・・、吉野家が・・・」と騒ぐ理由がいまいち理解できないがな。
それはそうと、日本の牛肉再開を受けて、韓国とシンガポールの近いうちに輸入再開するとしていたんだが、これはどうなるんだろうな。普通に考えると日本を追随すると思うが、アメリカは「今回の事態は手続きミス」だと主張しているから、揉めそうだな。
中国の農薬野菜(別名毒野菜)といい、韓国の寄生虫入りキムチといい、アメリカのBSE牛肉といい、本当に怖いなぁ。
ワシントンポストで取り上げていたよ。

|

« センター試験(懐かしすぎる) | トップページ | センター試験日は雪の当たり日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151574/8258141

この記事へのトラックバック一覧です: 米国産牛肉は本当に大丈夫?:

» やっぱり・・・米国産輸入牛肉 [政治家・兄やんの一言モノ申すブログ]
米国産輸入牛肉に、BSEの原因となる可能性の高い危険部位である、脊柱(せきちゅう)(背骨)が混入していたことが明らかになり、『やっぱりか・・・』と多くの人が思ったでしょう。 さらに、アメリカ側の担当の検査官らが「(特定危険部位を)除去する必要があることを....... [続きを読む]

受信: 2006年1月21日 (土) 19時43分

» アメリカ産牛肉の輸入停止によって、週明け東証ストップの危機 [政治家・兄やんの一言モノ申すブログ]
あんまりマスコミ始動の言葉を使いたくはないのだが、いわゆるライブドアショックで東証の取引が停止したが、これについて、東証の取引停止はマスコミのせいという記事を書いた。 そして、やっぱり・・・米国産輸入牛肉でも書いたように、アメリカ産牛肉の輸入停止に伴って....... [続きを読む]

受信: 2006年1月22日 (日) 12時39分

» アメリカンビーフはプリオン肉だ。2度と輸入するな! 米国産牛の再度輸入停止を考える [この際、言いたい放題=別冊版]
当然の措置といえば当然の措置です。それにしてもアメリカは日本を相当、バカにしてますね。アメリカの牛肉はもう、いらない!と声を大にして言うしかないですね。こりゃ。 [続きを読む]

受信: 2006年1月22日 (日) 23時56分

« センター試験(懐かしすぎる) | トップページ | センター試験日は雪の当たり日 »