« ラオス:ツーリストオフィスが観光客に好評 | トップページ | 東アジア統合は楽観的? »

2006年1月14日 (土)

霜鳥関を応援する書き込み

東十両9枚目初場所7日までに3勝4敗だと、だいぶ厳しい星だよな・・・。
小結まで番付を上げたこともあるくらいだから、実力的には十両あたりでうろうろしている場合ではないと思うんだけどなぁ。
深夜のNHKの大相撲の再放送が見れる幕内に早急に復帰してほしいものだが、相当に腰の具合が悪いのか、体のしまりもなくなっているような気がするぞ。
我的には是非大関に昇進して、「
豊山」を襲名!と思って応援しているのに歯がゆい気分だ。
朝青龍が大関時代には結構互角の勝負を展開していたはずなのに、どこでこれだけの差がついてしまったのだろうか。
何はともあれ、十両からさっさと脱出して幕内に戻って来ーい。

霜鳥って誰?という人はこちら
霜鳥典雄を応援する会はこちら

更に過去の取組みを見たい場合にはこちらから検索。

|

« ラオス:ツーリストオフィスが観光客に好評 | トップページ | 東アジア統合は楽観的? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151574/8127401

この記事へのトラックバック一覧です: 霜鳥関を応援する書き込み:

» 大相撲5日目、里山快勝で序盤勝ち越し3-2。旭南海に土。 [奄美海風荘 second album]
観察中のヒカンザクラのつぼみ。1月8日以前を見る ============== [続きを読む]

受信: 2006年1月12日 (木) 22時03分

« ラオス:ツーリストオフィスが観光客に好評 | トップページ | 東アジア統合は楽観的? »