« オリオン座といえば冬の代表星座 | トップページ | 日米に挑む 中国の次世代スパコン開発 »

2006年1月 7日 (土)

下関駅舎、放火で全焼

この一報は明け方、福岡在住の友人からのメールで知ったのであるが、正直驚いたね・・・・。あの下関駅が全焼(T ^ T)

下関駅は以前の我のメイン利用駅のひとつだったんだよなぁ。

ネット上ではいろいろ囁かれているが、まあ人的な被害が無かっただけでも良しとしないといけないのかなと、小一時間、いい人ぶってみる。

それはさておき、下関駅があんな状態だということは、当然下関が結節点となっている九州方面、山陰・山陽方面の列車運行は全面的にダメなんだろうな。この3連休で移動する人も少なくは無いはずだから、当然影響もあるだろう。

しかし、まあ、放火で深夜、木造だったとはあそこまできれーいに燃え落ちるとは意外だったというのが感想。下関駅自体はそれほど大きくもないし、きれいでもないし、聞くところに拠ると、建替えの話もあったというから、その時期が早まったと言えば、かなり暴言ではあるが、その通りかもしれない。でも、小さい駅ながらも中には複数の店舗が入っていたわけで、我がよく利用していた、本屋とかパン屋とか、あんまり利用したことは無かったけどレコード屋とか薬局もあったので、そこを経営している人たちはどーするんだろ、とつい心配してしまうわけである。

全然関係ないけど、初夢宝くじ全滅。orz

|

« オリオン座といえば冬の代表星座 | トップページ | 日米に挑む 中国の次世代スパコン開発 »

コメント

あけましておめでとうございます。羅玉河さん(とお呼びしてもいいのかな?) うちのページとつないでくれて感謝です。お元気そうで何より。著作も?すごいですねー。そろそろテレビ出演の依頼も来ているんでは?(^^;   それにしても下関駅舎の火事、全焼とはひどいですよね。下関市役所でアルバイトしていたときにはお世話になった駅、また無職時代も小倉と下関でデパートめぐりのはしごをしましたです。一日も早い復旧を祈りますです。てなわけで また遊びに来ますねー。(^^)/~~

投稿: でこサングン | 2006年1月 8日 (日) 15時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151574/8044021

この記事へのトラックバック一覧です: 下関駅舎、放火で全焼:

» まさか!! [日子のさらさら日記]
 朝のニュースを見てびっくりしました{/hiyo_cry1/} 下関駅が焼けてしまうなんて・・・。  そのうちUPしようと思っていた東口付近の写真をこんな形で使うことになるなんて、夢にも思いませんでした{/face_naki/}    焼けたのは東口の一部という報道がありましたが、テレビで見る限り駅舎がほとんど焼けてしまったように見えました。新年早々、とても残念なニュースです。  人工地盤から撮�... [続きを読む]

受信: 2006年1月 7日 (土) 20時32分

» 下関駅放火男は高齢の浮浪者 [かきなぐりプレス]
JR下関駅が全焼した。 山陽本線、山陰本線、九州各線へのターミナル駅の役割を果たす拠点が丸焼けだ。大きな駅舎が全焼した、というニュースは聞いたことがない。 原因は放火だった。犯人は74歳の住所不定、無職の男で、緊急逮捕された。これって浮浪者ということか? 下関駅を利用したことは2度ほどある。 1回目は学生時代の夏休み。目的地も決めずに友達と2人で旅に出た。夕方、広島を出発して10時過ぎにたどり着いたのが下関だった。 駅の構内で夜を明かし、始発の電車で山陰方面に向かった。... [続きを読む]

受信: 2006年1月 7日 (土) 23時54分

» あぁ、下関駅・・・ [Hagi Combat Film Maker]
世間では今日から3連休、という人も多かろうが、わしは月曜日は休日出勤だし 今日も... [続きを読む]

受信: 2006年1月 8日 (日) 22時29分

» 東口通路 (下関駅) [日子のさらさら日記]
 1月19日に東口通路が完成しました{/ee_2/}  東口が通れなくて、ずっと迂回してたのが、通路ができたおかげで便利になりました{/hiyo_en2/}          上から見た写真。屋根も出来てます。                    写真左側の建物なんかみると、まだ火災の生々しい感じが残ってます{/hiyo_cry1/}        ... [続きを読む]

受信: 2006年1月31日 (火) 15時09分

« オリオン座といえば冬の代表星座 | トップページ | 日米に挑む 中国の次世代スパコン開発 »