« ES細胞神話に目が眩んだ韓国(ワシントンポスト) | トップページ | 10年後の韓国に希望はあるか? »

2006年1月16日 (月)

ATOKで日本語テスト

ATOKとは懐かしいな〜。
学生時代に98ノートを手に入れたときに、ワープロソフトとして利用していたのが、確か一太郎Ver.4だったような記憶があるぞ。
そのときのATOKのバージョンは忘れたけど、漢字変換する度に「賢いのう」とか「なんじゃ?この変換?」といちいち突っ込みを入れていたなぁ。
で、そのATOKを発売しているJUSTSYSTEMさんが期間限定で、全国一斉! 日本語テストと実施していると聞いて、早速試した見たわけだ。

結果は71点で、「よく出来ました」なのだが、敬語をもっと身につけるように言われたぞ。
うーむ。日頃からバイト言葉を厳しく糾弾している我であるが、自分こそ敬語の使い方に問題があったとは、不覚。

いい加減、相当なおっさんになっているからな。今度から少しは言葉使いに気を付けるとするかのう。最近流行のネラー言葉を使っている場合ではない。

|

« ES細胞神話に目が眩んだ韓国(ワシントンポスト) | トップページ | 10年後の韓国に希望はあるか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151574/8187184

この記事へのトラックバック一覧です: ATOKで日本語テスト:

« ES細胞神話に目が眩んだ韓国(ワシントンポスト) | トップページ | 10年後の韓国に希望はあるか? »