« 高尾山に紅葉狩り | トップページ | スペイン語 »

2005年11月 6日 (日)

10年ひと昔とは

大分前のことになるが、プロバイダーであるNIFTYから次のようなメールが届いた。

お客様がご入会された1994年当時、NIFTY SERVEの通信速度は、最大 14,400bps でした(FENICS-ROAD4利用時)。       
現在最も高速な光ファイバー接続サービス(最大100Mbps)は、なんとその 7,000倍 のスピードになります。

94年といやあ、我が就職した年ですよ。もう10年以上にもなる昔のことであるが、そうか・・・そんなにスピードが上がっていたとは知らなかった。

学生時分からパソコン通信に嵌ってしまい、草の根BBSなる地域ローカル限定のパソコン通信ネットにも加入しては、駄文を書きなぐっていた時期もあったな・・・(遠い目--;

94年に、そのときのNiftyserveにあった、某フォーラムに加入したくて、Niftyに加入したまま、ずるずるとここまできてしまった。あの当時は確か、14.4Kなんて夢の話で、確か2.4Kで接続して、記事をダウンロードしては直ぐに切断とかいう感じだったよな。田舎だったので、近くの接続ポイントまで電話するだけでも相当な電話代がかかる危険もあった。

あの頃は、画面を流れる文章も十分に読めるくらいのスピードしか出なかったし、動画は勿論、画像だってとんでもない代物だったのに、今じゃ映画も楽しめるとは、いやはや良い世の中になったものだ。

ただし、パソコンもそうだけど、インターネットやそれに付随する機能があまりにも高機能すぎて、どれほどその利用価値に見合った使い方をしているかと自問すると、答えに窮してしまうのが、情けないが。ちなみに我のモバイルツールは携帯電話ではなく、PHSだったりする。

|

« 高尾山に紅葉狩り | トップページ | スペイン語 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151574/6931342

この記事へのトラックバック一覧です: 10年ひと昔とは:

« 高尾山に紅葉狩り | トップページ | スペイン語 »