« 湘南新宿ラインは下関まで延長運転すべき | トップページ | 二男を準備と韓国紙・北朝鮮 »

2005年11月23日 (水)

中国のインターネット規制

とある調べ物をしていたら、中国国内のインターネット事情について、色々興味深いサイトをいくつか発見することが出来た。

中国のインターネット人口は既に米国に次ぐ規模にまで拡大しているらしいけど、その実態は厳しい検閲に置かれているようだ。

欧米の調査会社の調べに拠れば、中国のインターネットの検閲機能(フィルタリング)は世界で随一の性能を誇り、キーワード単位で「(中国政府にとって)望ましくないサイト」への接続を排除できる機能が備わっているらしい。台湾独立とか、チベット独立といった中国の分裂(本当はあるべき姿への回帰なんだが)を煽るものや、中共を批判する内容のものは完全にアクセスできない。

いくら中国が経済的に発展しようが、見た目は自由っぽくなろうが、所詮は社会主義の国だからなあ。

ところで、中国のサイトにつないだ場合、ミョーに遅いのは、やはりフィルタリングのせいなのかな?

リンク: Internet Filtering in China in 2004-2005: A Country Study.

|

« 湘南新宿ラインは下関まで延長運転すべき | トップページ | 二男を準備と韓国紙・北朝鮮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151574/7276679

この記事へのトラックバック一覧です: 中国のインターネット規制:

« 湘南新宿ラインは下関まで延長運転すべき | トップページ | 二男を準備と韓国紙・北朝鮮 »