« 二男を準備と韓国紙・北朝鮮 | トップページ | Xbox360 »

2005年11月26日 (土)

某3丁目から見た夕日

黒田さんってスカウターが似合いそう! を見つけたときは、笑った反面、大丈夫なんかいなと心配してしまった。

それはともかく、今日は久しぶりに映画を見に行ってきた。見てきたのは[オールウェイズ3丁目の夕日]であるが、期待通り、いや期待以上に楽しめた。

映画を見にきていた人も多かったけど、そのなかでも、いわゆる団塊世代の人たちが多いのは、映画の時代設定というか、時代背景というか、そうしたものがぴったりかぶるからなんだろうな。

もっとも舞台は昭和30年代くらいの東京だけど、なんとなく、田舎出身の我としては、自分が子供の頃とそれほど大きく違っていないような気がしたな。地方が文化とかそうしたものが波及するのが以前は大分時間がかかっていたからな・・・・・。

映画の流れとしては、特段、奇異なものや突拍子もないことがあるわけではないが、昔を懐かしむというか、そういった時代もあったよねー、良かったよねー的な雰囲気が漂っていて、それがいわゆる郷愁を誘うということなんだろうけど、随所随所に笑いのポイントもあって、その笑いも現在のような、自虐ネタや他人を冒涜するようなネタじゃないので、本当に気持ちが良かった。

貧しかったけど、夢があったというフレーズらしいけど、ほんと、今の世の中を見ると、そうなのかなぁと思うわけです(その時代には生まれていなかったので分からんけど)

秋の夕暮れを見ながら、3丁目の夕日でした(自宅の住所が某3丁目)

|

« 二男を準備と韓国紙・北朝鮮 | トップページ | Xbox360 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151574/7329223

この記事へのトラックバック一覧です: 某3丁目から見た夕日:

« 二男を準備と韓国紙・北朝鮮 | トップページ | Xbox360 »